代表的な間違い、食事を抜く

ダイエットには大きな間違いが潜んでいることも多いものです。どんなものがあるかご紹介していきましょう。

ダイエットの間違いの代表的なものとして、食事を抜く、といった行為があります。夕食を1食抜く生活を続けると、かなり痩せるような気もしますが、実際にはそうではありません。

ダイエットで間違いなく成功している人は、食事にも気を使っているのは当然の事、食事の時間にも気を配っています。

人間の脳は活発に動いている昼間の時間帯は、交感神経という神経を使い、逆に体を休める夜になると、副交感神経という神経を使います。

夜はダイエットにとって間違いなく大切な時間なのですが、食べ物の消化吸収活動は夜に働く、副交感神経によって動きます。

食べると眠くなるのはそのためです(笑)。

夜に副交感神経を活発に働かせるとどうなるかというと、吸収がよくなり、代謝もスムーズになります。

ダイエットに間違いなく関係しているこの副交感神経は、時間で言うと午後8時ごろから午前4時ごろに活発に動くといわれていますので、午後8時までに、夕食を済ませることが理想的です。

結果として代謝の悪い体をつくってしまう…

「食事を抜く」がダイエットの間違いの代表的なものである理由は、消化吸収活動をつかさどる副交感神経が活発に動く必要がなくなり、結果的に代謝の悪い体をつくってしまうことになるからです。

ダイエットについては間違いを知ることは体のためにも重要です。健康的かつ効果的なダイエットを目指し、できることから取り組んでいきましょう。